84
kamenoko084005.jpg
●忌明け法要は親戚縁者を招いて営み
 お寺様にお参り頂いて、故人の成仏を
 祈り、その後、皆さんと会食を共にして
 故人を偲びます。
 忌明けが3ヶ月目にかかると縁起が悪いと
 いう言い伝えがありますが、
 これは仏説等による根拠は無いそうです。
●納骨

 一般的には77日忌までに、忌明け法要を
 済ませ納骨します。
 然し色々な状況により、百か日やその後に
 納骨される方もおられます。
 御家族・御親族・或いは御寺院等と御相談
 されると良いと思います。
 納骨する場合、火葬場で「死体火葬許可証」に
 火葬が済んだという市長印が押されたものが
「埋葬許可証」となり、墓地管理者に提出します。
 横須賀市の場合、通常は収骨の後、骨瓶の横に
 書類を火葬場職員の方が入れてくれます。
 また大事な書類ですので、
 納骨までは出されない方が良いでしょう。
kamenoko084004.gif
kamenoko084003.gif
●御位牌
 
 御位牌は忌明け法要までは
 白木のものでおまいりをしますが、
 忌明けと共に塗り位牌に代えて、
 仏壇におまつりします。
 宗派によっても異なりますので
 御寺院に御相談をされる方が
 良いでしょう。
●神道では「霊前祭」を営みます。
 霊前祭は仏式の法要に当たり、
 葬儀の翌日に「翌日祭」を行い
 以後亡くなった日から十日毎に
 「十日祭」「二十日祭」・・・・
 「五十日祭」まで行います。
 その後「百日祭」「一年祭」と続きます。

 
表紙へ
(表紙トップ)
神式の場合
●キリスト教では
 特に決まった日に追悼儀礼を行う
 しきたりはありませんが、
日本の一般的な習慣に合わせて
 カトリックでは「追悼ミサ」・
プロテスタントでは「昇天記念日」を
 営む事が多いようです。

 
キリスト式の場合
葬儀後について 戻る
kamenoko084002.jpg
kamenoko084001.gif