kamenoko083018.gif
kamenoko083017.gif
kamenoko083016.gif
kamenoko083015.gif
kamenoko083014.gif
kamenoko083013.gif
kamenoko083012.gif
kamenoko083011.gif
kamenoko083010.gif
83
kamenoko083009.jpg
※僧侶・神職・牧師さんへの御礼

 葬儀の時お世話になった宗教者(僧侶・神職・牧師さん)への
御礼はなるべく早くします。

御礼の金額は世話役代表、或いは宗教者の方から直接聞かれるのが
良いかと思われますが、「志で結構です」といわれる場合には
葬儀の規模・葬家の経済事情・寺院とのお付き合い程度を考え
また近親者や近隣の長老等にも相談して決めると良いでしょう。

御礼をお渡しするのは、喪主か葬家を代表する人が、
式後または成る可く早く寺院へ御挨拶旁々
ご持参なさると良いでしょう。

最近は告別式当日にお渡しする方も増えてまいりました。
御礼の金封の表書きは

仏式=お布施・御経料・御礼  神式=御神饌料・御礼 キリスト教式=牧師・神父さん
                                 には御礼・謝礼
                                 教会には献金













*御礼の金封の他に「御膳料」「御車代」

          そして別の包みに気持ちを表す習わしもあります。
kamenoko083008.gif
kamenoko083007.gif
kamenoko083006.gif
kamenoko083005.gif
仏式の場合
初七日忌
しょなのかき
二七日忌
三七日忌
四七日忌
五七日忌
六七日忌
七七日忌
ふたなのかき
みなのかき
よなのかき
いつなのかき
むなのかき
しちしちにちき
35日
49日(忌明け)
kamenoko083004.gif
kamenoko083003.gif
kamenoko083002.gif
百か日忌
一周忌
三回忌
●仏教では人が亡くなってから
 浄土へいって次の生を受けるまでの間が
 中陰といわれ、此の期間が49日で
 あり【忌日法要】を御寺院にお願いをします。

 詳細は御寺院にお尋ね下さい。
ひゃっかにちき
いっしゅうき
さんかいき
トップへ
(表紙トップ)
葬儀後について 戻る
kamenoko083001.jpg